(取り組み方)1音の価値

卓越した演奏の1音と、簡単な練習の1音は同価値


 皆さんは書道を習った経験はあるでしょうか?

 書道教室でなくとも、学校の授業でも少し経験があるかもしれませんね。

 そこで最初にすることは、止め・はね・払い といった文字パーツの練習だったかと思います。「一」(いち)という字から始まり、「上・下」「川」「人」などを練習したかもしれません。そして次第に難しい字へ変化して行きます。

 要するに、最初に書道における基本的な技法を会得することで、その後にどんな難しい字を書いた場合でも、各所にその技法を再現できるということだと思います。

 それは音楽においても、全く同じことが言えるのではないでしょうか?

 最初の簡単な練習の際に、音の出し方、音符の正確さ、等をしっかり会得していくことで、その後に演奏するどんな曲にもその技術が生かされていくのです。

 卓越した演奏の中にある四分音符も、簡単な練習フレーズに含まれている四分音符も、同じ四分音符である以上は、演奏法に大きな違いは生まれません。

 練習の段階から1音1音大切に音を出していくことで、どんな曲も卓越した演奏になっていくものと思います。


 少しずつ確実に一緒に上達して行きましょう!

 早乙女ギター教室 早乙女浩司

Koji Soutome Music Room 早乙女ギター教室

ボーカル・ギター・ウクレレ レッスン| 今までのお悩み解決から始まるレッスンでは、一人一人に合わせたカリキュラムで、焦らず安心してレッスンを受けて頂けることを大切にしております! 一緒に充実した音楽生活をスタートさせてみませんか?